思えば2018年は、遠征が全く成功しませんでした
1~2回、遠征に出撃はしたものの雲に阻まれて撮影には至りませんでした。
星見自体の回数も減ってしまっていたので当然といえば、当然です。
感や機材のメンテナンスも鈍ってしまったので、ますます出不精になっていましたが、今年の年末年始は、幸いにも天候に恵まれ、かつ、お休みもカレンダーの並びが良かったので、ベランダで天体撮影で多くの練習ができました。毎年、年明けに遠征することが多いのですが、今年(2019年)は、順調に遠征に向けて準備が進んだので、1月3日~4日朝にかけて無事、遠征に出掛ける事ができました。

久しぶりの撮影は、とても楽しく防寒着の上着を忘れるという痛恨のミスを除けば
結果以外は順調でした(笑)
時系列は逆になりますが、撮影後の富士山です。余裕がなく、撮影中の様子や、
風景をあまり撮影できませんでしたが、明け方の富士山はとても綺麗で写真に
収めることができました。
イメージ 1
ここから見える富士山は、大きく雄大です。久しぶりに見ると感慨深いものが
あります。
時間は、15時間ほど遡って1月3日午後16時前に現地に着きました。
まだ、他の星屋さんはおらずそんなに人が集まらないかと思いましたが、
その後、どんどん増えて、最終的には10人以上の方が撮影されていたと思います。
三大流星群の極大日ですから、多いと予想したのですがそれ以上でした。
最近は、熊などのリスクも心配ないので、人が多いのはありがたいです。
機材は、カメラ3台体制。
①EQ6-R+ε130D+EOS60D(SEO-SP4)
②GPD+Edge800HD+EosKissX2(SEO-SP2E)
③固定 シグマ17-55㎜+EosKissX2
で、オートガイド2台、流星1台の体制で臨みます。①はステラショットを使用します
②はSuperStarⅤまたはⅣを使用しました。
①はまず、M31アンドロメダ銀河が対象です。ステラショットは、導入後対象の視野ずれを自動で補正してくれるので非常に撮影が効率的にできます。
イメージ 3撮影機材①,撮影条件ISO1600/SS300SecX19コマ
撮影時使用ソフト,ステラショット,PHD2
画像処理ソフトRAP2(ダーク/フラット補正)+PSE15+SI7

同時に②M33を狙おうと思いましたが。この日の②は絶不調です。まずAGS-1sが
PCに認識しません、いろいろ試行錯誤の末、ケーブルを交換し動作するも導入がうまく行かず、よくよく調べると内部電池切れで時計のずれていたNotePCの日付が1年ずれておりそれを修正してようやく動き出しました。
しかしF10というEdge800HDでは、なかなか対象が見つからず時間も大きくロスをし、断念。
代わりに次の対象、M1にスキップしました。②もステラショットの導入を真剣に考えます。AGS-1sがASCOM経由でステラショットに繋がるか検証しなければ…
導入後のM1の撮影でも、オートガイドも乱れまくりです。オフアキでガイドしましたが
星が暗すぎてLodeStarでは、時折、ガイド星を見失ってしまいました。
ガイド方法も見直さなくては。②側は今回、課題山積みでした。そのM1↓。
イメージ 2
撮影機材②,撮影条件ISO1600/SS300SecX16コマ
撮影時使用ソフトSuperStarⅣ,PHD2
画像処理ソフトRAP2(ダーク補正)+PSE15+SI7 中央トリミング

真ん中に導入出来なかったので中央トリミングしました。
良い出来ではありませんが、今後の課題のために記録として掲載します。
好きな星雲の一つですが、ちょっと残念でした。
まだまだ沢山撮影したので、この後、順次掲載します。
なお、防寒着の上着はウィンドブレーカーの中に重ね着をしてしのぎました。
妻からもらった電熱線入りのヒーターベストのお蔭で何とか一晩しのげました。
気温は手元の温度計で-10℃以下になっていましたのでかなり寒かった・・・