この新月期も遠征は難しそうです。
一昨日は、お誘いいただいたのに参加できずにすみません…
3月末に仕事上で大きなイベントがあり、それに向けて準備が忙しく残念ながら星見の時間が
大幅に減ってしまっています。
(ネットもあまり見ている余裕が無くて皆様へのご訪問も滞っています。すみません・・・)
4月になれば復活できる予定です。その日まで我慢我慢・・・
 
さて、これは1月にDEC側ガイド不調の中、何とか撮影した
クリスマス星団,コーン星雲付近の画像です。
コーン星雲の赤、IC2169の青、そして全体にちりばめられた暗黒体や散光星雲などとてもにぎやかな場所です。南に広がる散光星雲の帯が写って興味深かったです。
イメージ 1
光学系:BORG60ED+レデューサDG+LPS-P2+自作冷却X2(IR除去) 吸熱板温度-30℃
架台 :GPD+AGS-1s+ガイドウォーク(ガイド鏡φ80L400mmNexImage)オートガイド
条件 :ISO1600 SS15分×5 総露出75分 SI6処理(ダーク減算無/フラット補正有)
    PSE9ノイズ処理、圧縮
 
4月はもう、夏の天体でしょうか。何を対象にするか、考えちゃうな~