年末に撮影したカニ星雲M1を再処理しました
なんか色が変だったのです↓
イメージ 1
LPS-P2フィルターを付け忘れていたのですが、フラット補正でフィルター付のフラット画像で補正したのが
間違いのようです。何かおかしいと思って、やっと気がつきました。
しかし、その後、カメラミラーのクッションをなくしたり(ケラレ改善)したので、今更、フラットを作ることもできず、
フラットなしで、再処理しました。
カニ星雲M1
イメージ 2
光学系:R200SS+コマコレ3+自作冷却X2(IR除去) 吸熱板温度-30℃
架台 :GPD+AGS-1s+ガイドウォーク(ガイド鏡φ80L400mmNexImage)オートガイド
条件 :ISO1600 SS10分×3 総露出30分 SI6処理(ダーク減算無/フラット補正無) PSE9処理
 
SI6でマルチバンドシャープを使い、PSE9でノイズ低減をしました。
比較的よい感じに仕上がります。
ピンが甘いのか、R200SSの画像が甘いのか良くわからないのですが、少し星像が肥大気味ですね。
 
しかし、明るいけど小さな星雲です。
もう少し長焦点で撮影してみたいです。来シーズンの宿題かな。