今回は備忘録です
 
まず、前回のブログでワイドアダプター購入計画を記載したところ、pontaさんからご連絡を頂き、譲って頂きました。しかも、近くまでお届けに来ていただき重ねてお礼申し上げます!!
早速、装着してみました。
イメージ 1
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
良い感じです。皆さんご指摘のようにEOSには固定ネジが干渉するので、一本は改造しようと思います。
pontaさん、ありがとうございました!
 
さて、続きはPSE9の話題です。以前、試用版でTifファイルがCamera Raw6.1で開けず、
LightRoomを購入しようと思っていたのですが、本来の用途は、PSEの方が近いので
何とかできないかと調べているとやっと出来ることがわかりました。
ちなみに、Jpegでも開けますが効果はTifの方が良いようです。また、CameraRawでなくても
ノイズの低減機能が(メニューのフィルタ⇒ノイズ⇒ノイズ低減)も見つけましたがCameraRawの方が
効果的のようです。
で、CameraRawの開き方です。まず、PSE9で整理と編集のポップアップで編集を選び、いきなり
PSE9を立ち上げます(ElemenrsOrganaizerは使いません)。
PSE9のメニューでFileから指定形式で開くを選びます。
イメージ 2
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
次に、指定形式でCameraRawを選びます。これでCameraRaw6.1が開きます。
イメージ 3
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
これで、強力なノイズ低減が出来ます。うまく使えばかなり強力に処理できそうです。
CS5が購入できれば一番なのですが、価格差を考慮するとかなりコストパフォーマンスの
高いソフトだと思います。
 
さて、次は失敗防止備忘録。1/5は育樹に遠征しました。
BORG60EDを使いオートガイドを行いましたが、Dec側が大暴れ。
零下10℃の環境で、例によってDec側のモーターを外し調整しますが
かえって悪化させてしまいました。
てっきり、グリスなどの硬化の影響かと思いましたが・・・結果はスパーギアの止めネジの
緩みでした。帰宅後、調査して分りました。
イメージ 4
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
AGS、Decモータのスパーギアです。六角レンチがさしてある留めネジが緩んで遊びが大きくなっていました。
これではDec側が暴れるはずです。
ついでにRA側もチェックするとやはり緩んでいました。
イメージ 5
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
AGSは比較的高周波でパルスモータを駆動します。なので、振動が留めネジが緩みやすいのかも
しれません。定期的にチャックが必要だと感じました。
やはり、季節に1回はメンテナンスするべきですね。
 
以上、備忘録編でした~