イメージ 1

5月25日遠征の2つ目のターゲットです。

白鳥座にある、NGC7000北アメリカ星雲です。淡い大きな星雲なので今回は、望遠レンズを使いました。

とは言っても、高級なものではなく、今年の子供達の運動会に備えて購入したCanon EF-S55-250mm IS。

いわゆるX2のダブルZOOMセットのキットレンズです。

このレンズ意外に秀逸で、以前使っていたシグマのZOOMよりピントの速さ、正確さは断然良いです。

コストパフォーマンスはとてもよいレンズです。さて、このレンズを天体に使って見ると~

割合にシャープです。周辺部の歪も少ないです。色収差も私には気にならないレベルです。

周辺減光が強いので、その点だけは気になりますが、使えないことはない、といった印象です。

しかし、今回は、光害対策フィルターは未使用です。ですので、結構、カブリはきつかった・・・。

今回の遠征は、M17とNGC7000の2点だけでした。他にも撮影したのですが、星が流れてNGでした・・・

いつも、夜半からの撮影なので十分に撮影できないところが、残念・・・

夕方からセッティングして、明け方まで撮影~!!なんてのを一度、やって見たいものですが、

それはいつかのお楽しみ、と、いうことにしておきましょう。
データ
光学系:EF-S55-250mm IS+EOS KISS X2 SEO-SP2E

    ガイド鏡⇒ニュープラネット(口径80mm焦点距離400mm)+NexImage

架台 :GPD+SBS/ガイドウォークによるオートガイド

データ:ISO1600 露出5分×4コマ 総露出20分 RAW出力

    EOS付属ソフト(DPP)で現像、フォトショップElementsでコンポジット、ダーク減算、

    レベル調整、4x4ビニング

撮影日時:2009/5/26 午前2時44分~3時05分