イメージ 1

連休の5/3~4にかけて上越に家族ぐるみでお付き合いのある方々と
旅行に行ってきました。
もし晴れれば、少しでも天体写真を撮りたいと、機材の一部を持って行きました。
結果は、大正解で相手家族の奥様が、素晴しい”晴れ女”さんで綺麗な星空を
見ることができました。
土星のシーニングもよく、写真には撮りませんでしたが、透明度/シーイング的に
かなり良い状態でした。
また、母彗星にハレー彗星を持つ、みずがめ座η流星群の流れ星もかなり見ることができました。
さすが一人で一晩中星を見ているような旅行ではないので、目に付いたM104(おとめ座の銀河)
の写真を少しだけ撮りました。
空の暗さは、東京とは比べ物にならず、ホテルの駐車場という悪条件にも関わらず、
ISO1600、露出90sec(ただし、光害フィルター有)でもほとんどカブリませんでした。

星空も普段は見ることのできない、暗い星も見えるので天の川こそ時期的に見えないものの
満天の星空を楽しむことができました。

データ:光学系:鏡筒ED80Sf,カメラEOS KISS X,直焦点,LPS-P2フィルタ使用
    架台 :GPD 1軸無制御ガイド
    条件 :ISO1600 露出90sec JPG出力記録 コンポジット2枚 
        ダーク減算、およびレタッチ有
        ※写真を差し替えました。