イメージ 1

昨日24日の未明、空を見上げると南西に満月過ぎのピンクの月、
東南に木星が見えました。
透明度は相当悪いようで、木星のほか、星は見えません。
いて座に木星はあるはずですから、南正面にさそり座が見えるはずですが、
アンタレスすら見えません。
ただ、このところ、曇天で星を見ていないので、今シーズンファーストショットでしたが
木星を観望&撮影しました。
目視では、低倍率で四大衛星が見え、本体にも縞模様が見えました。
透明度が悪いため、ビデオの光学ZOOMを10倍まであげると暗すぎて写りません。
止もうを得ず、8倍程度にしました。

データ:光学系⇒鏡筒SE150N+アイピースLV4mm+ビデオIXY-DV2(光学約8倍ZOOM)
    架台 ⇒改造ニューポラリスを1軸ドライブ(無制御)
    条件 ⇒3500フレームをRegiStax4にて処理。150~500フレームスタック&ウェブレット処理
        上記8枚をフォトショップElementにてコンポジット

大赤斑も見えないし、今一なのですが、ファーストショットなので掲載します。
今回は、改造ニューポラリスでベランダからの撮影です。
SE150N鏡筒は5.5kgの重量がありますが、ギリギリ積載可能なようです。
以前、SE120Lは星像が揺れしまいあまり良好な撮影ができませんでした。
鏡筒が長い屈折望遠鏡は同じ程度の重量でも、モーメントがかかるのでよりしっかりした架台
が必要なのかも知れません。