前回に引き続き、コロナ渦自宅撮影の撮影結果です。
これまでもEOS60D+QBFで撮影したこともあるM8干潟星雲です。
バックグランドのムラが大きく納得のできる撮影ができませんでした。
光害地の撮影、とりわけ、自宅前は数年前から街灯が増えてしまい条件は
悪くなってしまい、モチベーションがますます下がっていたのですが、
巷では、もっと光害がひどい場所でも綺麗な写真を撮られている方もいる訳で
何とか改善したいと思っていました。できるだけノイズを減らし、
視野角も若干絞ることのできる冷却カラーCMOSカメラであるASI294PROなら
期待できると思い、導入を決意しました。
ただ、やはりデジタル一眼レフに比べれば、撮影するだけでハードルがかなり
高く苦労しました。苦労した点を備忘録にまとめておきます。
1)キャプチャソフト
SharpCapやステラショット2などDEEP SKY OBJECT用に適したソフトはあります。
ステラショット2は既に活用していたので、まずはそちらを試しますが、1台目のPC
ではうまく動作せず(現状も原因不明/アストロアーツさんのサポセンに相談中)、
SharpCapも使いました。こちらは直ぐに良好な結果が得られましたが、やはり、
ステラショット2の導入補正は非常に魅力的で、もう一台のPCで試し、本撮影は
ステラショット2を使っています。
SharpCapは、細かく設定ができるのですが、その分、理解するのが大変です。
日本語マニュアルもあるのですが、知識が足りず理解できないところもあります。
特に色空間が解りませんでしたが、RAW16を選べば良いようです。
2)ホワイトバランス
ASI294PROのRAW16出力は、SharpCapで設定したホワイトバランスがステラショット2
でも残ってしまうようです。そもそもRAW出力なのでホワイトバランスは関係ないようにも
思うのですが、実際には依存してしまうようです。
設定されたホワイトバランスの違いにより、ステライメージでのベイヤー➡RGB変換時の
ホワイトバランス プレビュー画面です。調整量をあえてRGBすべて『1』ににして、
まずは前日撮影した状態(SharpCapでかなりBが強い状態)でのプレビューが下記です。

blog用データ02_1
続いて、SharpCap側でホワイトバランス調整後(といっても完全ではないですが)
の同じくプレビュー画面です。

blog用データ03_1
鏡筒はSE200Nに変えていますが、カメラは同じASI294PROです。
昨日の設定で、ダークフレーム・フラットフレームは作成したので
今回は大丈夫でしたが、次回以降、ASI294PRO側のホワイトバランスも
固定した方が良さそうです。
ちなみにステラショット2ではASI294PRO側のホワイトバランスの
設定項目は見当たりません(もしあるようならどなたか教えてください)

前置きが長くなりましたが、M8干潟星雲です。

M8_ASI_Chofu_02
撮影時刻:2020-08-21 19:41 場所:東京都調布市自宅ベランダ 
赤道儀:EQ6-R、光学系ε-130d、カメラ:ASI294Pro
フィルタ:ZWO Ir/UVCutフィルタ+サイロトンQBF
ガイド鏡:D60mm L300mm、ガイドカメラ:QHY5L-Ⅱ
条件:冷却温度:-5℃,Gain:120,露出300sec×12 総露出60min
撮影:ステラショット2により導入・撮影、PHD2によりオートガイド
 画像処理:ステライメージ7(ダーク減算+フラット補正あり)、PSEにて仕上げ

個人的には良い感触を得ました。強調処理後もあまりバックグランドがムラに
ならない(と言っても富士山麓やしらびそとは比べ物になりませんが)感触です。
ガイドも概ね安定しています。EQ6-Rは流石に中型赤道儀だけあって、かなり
安定しています。しっかりしてますね。

次回、M20他、他の対象を掲載します。