娘と出掛けた育樹遠征ですが、半月前の明るい月と夜半ぐらいまでという時間の制約で、撮影できたのは正味1時間ぐらいでした。それでも、久しぶりの満点の星空は星好きのおじさんにとっては、楽しいひと時でした。育樹の芝生の広場にも、途中行ってみましたが、肉眼での星見、という意味ではそこからの光景の方が、まさに満点の星空/天然のプラネタリウム感覚が味わえて貴重だったかもしれません。
雪もそれなりに積もっていいるので、幻想的な感じもあります。
短い時間の撮影で、感もかなり鈍っているのですが記録として記載します。まずは、対角魚眼のオリオンです。複数枚撮影しましたが、コンポジットしない方が良さそうです。画像処理の腕が落ちてるかも…
Orion_IMG_0090_R02圧縮
撮影時刻:2020/1/2 23:36  場所:山梨県育樹記念広場
架台:スカイメモS恒星時駆動 カメラ:EOSkissX2_SEO SP2E + シグマ15㎜F2.8 解放対角魚眼
条件:SS180sec ISO800


プロキオンやリゲルと比較してもベテルギウスが暗いように感じますね。果たして、このまま減光が続くのでしょうか。オートガイドでの撮影はクリスマス星団付近を望遠レンズで広範囲を差ウエイしてみました。
クリスマス星団R04圧縮
撮影時刻:2020/1/2 23:44  場所:山梨県育樹記念広場
架台:EQ6-R カメラ:EOS60D_SEO SP4 + キヤノン70-200EF-L 200㎜F4 解放
条件:SS300sec ISO1600 x 12コマ 総露出60分 ステライメージ7,RAP2,PSE15で画像処理

図が寄っちゃいました。意外と淡くて難しいですね。いつも撮影してから露出不足を後悔します。3時間くらい露出しないとダメかな…
なお、最初の30分ほど星が流れてNGだったのですが、ガイドの問題ではなく収差のようです。左上だけに星像が伸びていました。ズームレンズの弱点でしょうか。

このあたりはε130Dで撮影すると気持ち良く”点”になるのですが…モザイクはハードルが高いしなぁ。
まぁすべてを望んでも仕方がないので、次回頑張ることにしましょう。