2015年09月

しらびそ遠征~その2

9月13日~14日 しらびそ遠征結果 その2
です。当日は、AstroGPV(ぴんたんさん,いつもありがとうございます) によると、夜半ぐらいから
雲が晴れる予報でhしたが、まさにその通りの雲の動きでした。ただ、いろいろ準備や失敗をしていたら
結局メインの撮影は午前2時過ぎになっちゃいました。

久しぶりの遠征だとミスが多くなりますね。メインは、ハート星雲IC1805です。
南側は雲が多く、天頂付近のコンディションが良さそうだったので、撮影したい対象の中から
これを選びました。
イメージ 1























光学系:BORG60ED+レデューサDGx0.85+EKX2 SEO-SP2E
架台:GPD+AGS-1s+PHD Guidingによるオートガイド(ガイド鏡φ60/300mm+Lodestar)
条件:ISO1600露出10分 12コマ 総露出102分 SI7/RAP2/PSE9にて画像処理※ダーク,フラット有
DATE:2015/09/14 02:05(JST)~ 長野県しらびそ高原

やはりノイズ処理にかなり手こずりました。気温は3℃位(寒い!)でしたが、カメラ内の画像素子は
それなりに熱を持っているので。ダークノイズは盛大に発生しているようです。
RAP2の処理前後でかなり画像が綺麗になります。ただ、RAP2で目視でダーク減算が上手く行って
入るようでもその後の処理で、ダークのノイズが顕在化し結局もう一度、ダークの作り直しから
やり直したりしました。この辺りが非冷却機の難しいところだな~と思いました。

もう一点は、昨年撮影して、未処理未掲載の画像です。IC1396 ガーネットスター付近の散光星雲
イメージ 2























光学系:BORG60ED+レデューサDGx0.85+自作Cooled EKX2+バーダープラネタリウムIRカットフィルタ
架台:同上
条件:ISO1600露出10分 5コマ 総露出50分 SI7/RAP2/PSE9にて画像処理※ダーク,フラット有
DATE:2014/07/30 01:03(JST)~ 長野県しらびそ高原

CooledEKX2は、自作機のため若干スケアがあるようです。ミニボーグにも収差があるので、はっきりと判別できないのですが、周辺の収差が気になりました。
一方、今年の非冷却機のダークノイズ処理の過程で、画像がオートガイドしているにも関わらず、画像が動いていることが分かりました。これは、オートガイドカメラと撮影カメラとの間で、撮影中にタワミが発生しているのが
原因だと思います。
一番、タワミ易いのは、ミニボーグのヘリコイド部分と思っています。
同時にこのタワミは重いCooledEKX2を搭載したときには収差の原因になっている可能性もあり、まずは
ヘリコイドの位置を変更してみることにしました。
イメージ 3




















鏡筒バンドの間にヘリコイドを挟みこみます。ぴんと調整の際、前後のどちらかのバンドを緩めなければ
いけませんが、この方法が一番剛性が上がると思っています。

さて、来月の新月期には試して見たいと思います。

去年のしらびそ&今年のしらびそ

星見は楽しい!
やっぱり星見は楽しいな~。約1年ぶりの遠征でhしたが改めて感じました。
機材も全然調整していないので、ぶっつけ本番で”エイッ、ヤーッ!!”って感じですが、
綺麗な星空を見られると、それだけでわくわくしてきます。

そんな訳で、なかなか取れなかった遅めの夏休みを使って、9月13日~14日にかけて、
しらびそ遠征を強行しました。当日は、自作CooledX2の温度センサの電池切れということもあり、
無理せず、SEO-SP2E、フィルター換装EKX2を使用しました。

久しぶりなのでしょうがない、と言うことで、ここは割り切りです。結果的に後でDARK減算で
苦労することになるのですが、なんせ久しぶりなので、その辺の『勘』がすっかり無くなっています。
順を追っていきます。まずは、NGC7000北アメリカ星雲とペリカン星雲です。
夜半まで雲が多くて、使えるフレームが1枚しかありません・・・とほほほ。
イメージ 1



















光学系:BORG60ED+レデューサDGx0.85+EKX2 SEO-SP2E
架台:GPD+AGS-1s+PHD Guidingによるオートガイド(ガイド鏡φ60/300mm+Lodestar)
条件:ISO1600露出10分 1コマ 総露出10分 SI7/RAP2/PSE9にて画像処理※ダーク,フラット有
DATE:2015/09/13 22:32(JST)~ 長野県しらびそ高原

80分も露出して、情けない話ですがこれも雲の行方次第なのでしょうが無いですね。
続いて、シャボン玉星雲NGC7635付近。中央の散開星団はM52です。
イメージ 2





















光学系:同上 架台:同上
条件:ISO1600露出10分 3コマ 総露出30分 SI7/RAP2/PSE9にて画像処理※ダーク,フラット有
DATE:2015/09/14 01:11(JST)~ 長野県しらびそ高原

シャボン玉が分からないので、拡大します。もっと長焦点で撮影しないとダメですね。
イメージ 3
































当日は日曜日でしたが、鎌倉から撮影に来ていた方がいらっしゃいました。三鷹光器の赤道儀を使って
おられていあtので見学させていただきました。う~ん、これはやはり名機だな~と思いました。
NikonのD810Aもお持ちでこちらのお話も聞かせていただきました。今まで、Canonにしか興味が無かったの
ですが、D810Aは、かなり良さそうな感じですね。

最後にイメージ 41年ほどさかのぼって、1年前の7月末に撮影したM8~M20~猫の手星雲。こちらは、冷却機です。























光学系:BORG60ED+レデューサDGx0.85+自作Cooled EKX2+バーダープラネタリウムIRカットフィルタ
架台:GPD+AGS-1s+PHD Guidingによるオートガイド(ガイド鏡φ60/300mm+Lodestar)
条件:ISO1600露出10分 10コマ 総露出100分 SI7/RAP2/PSE9にて画像処理※ダーク,フラット有
DATE:2014/07/29 22:47(JST)~ 長野県しらびそ高原

最後にダークのお話。非冷却機のDARKフレームは、かなり厳密に温度再現をしないといけないことを
追認しました。私の外気温計はアナログのラフなものですが、それでは物足りないようです。
当日、DARKフレームを撮影すれば良いのですが、やはり時間的に枚数が稼げないので、どうしても
自宅で作成します。結果的に今回は、ダーク減算をしながらダークを撮りなおすことになりました。

当日の気温は、2~4℃の温度だったようですが、外気温が1℃違うだけでも結果に大きな差が出ました。
X2が今となっては、ノイズが多い機種なのかも知れませんが、やはり冷却の効果は高いことも再認識
した遠征でした。

次の遠征までにCooled EKX2を調整したいと思っています。

本年撮影分、残りもう一枚ありますが、それは次に掲載します。

ギャラリー
  • 光害地のベランダ撮影
  • 光害地のベランダ撮影
  • AGS-1S+ステラショット
  • AGS-1S+ステラショット
  • AGS-1S+ステラショット
  • AGS-1S+ステラショット
  • AGS-1S+ステラショット
  • AGS-1S+ステラショット
  • 信州上田市より