2011年09月

精進湖~五合目~久しぶりの育樹広場遠征

少し前になりますが・・・
精進湖に一泊して富士山観光に行ってきました
富士山付近は遠征でよく出来かけるのですが、家族で一泊の小旅行に出かけようということで、
盲点だった富士山付近を観光しようということになりました。
思えば、スバルラインを使って度々、育樹広場に遠征しているにも関わらず富士山五合目にも行ったことが
ありませんでした。今回、初めて訪れましたが、『行ってびっくり!』。あんなに観光地として栄えているとは!!
でも、雲海の上の世界はとても気持ちよかったです。で、五合目から見た富士山頂はこんな感じです↓
イメージ 1
さて、宿泊は精進湖のほとりに宿泊しました。お風呂も食事も良かったですが、そこからの富士山の眺めは
素晴らしかったです。夕方、宿についてすぐに撮影したのが、↓です。
イメージ 2
翌朝、宿の屋上からも撮影しました↓もうすこし場所を考えれば『逆さ富士』が撮影できたかも・・・
イメージ 3
寝ぼけていて、カメラモニターの画像をちゃんとチェックしなかったのが、残念。

この旅行から数日後の9/23は、育樹広場に遠征してきました。(とりぷるあいさん、お誘いありがとうございます)
21時半過ぎに到着すると、とりぷるあいさんはセットアップ完了で、曇天だった空が晴れるのを待機中でした。

GPV予報では、夜半過ぎから晴れる予報でしたが、結局、途中雨がパラついたり、1時半過ぎに晴れ間が現れても雲が多い状態でまともな撮影が出来る状態にはなりませんでした。

とは言え、久しぶりの星空なのでGPガイドパック+キットレンズ55-250mmを使ってノータッチガイドで撮影トライです。結果的にはオートガイドすればよかったかなぁ~と思いましたが、仮眠をして少々やる気が削がれたかも・・・ともかくまずは、M31アンドロメダ大銀河。5分一枚の撮影です。ZOOMは135mmにしました。
イメージ 4
機材:Canon55-250mmIS(ZOOM135mm)/F5開放+SEO-SP2E、GPガイドパック/ノータッチガイド
条件:ISO800 5分露出 SI6処理(ダーク減算あり、フラット補正無し)、PSE9処理
135mmにしたのですが、ギアが噛み合う時間を待てなかったせいか、若干流れてしまいました。
続いては、M45プレアデス星団です。今度は、250mmで5分を2コマ撮影しました。淡いガスを表現するには全然露出が足りません。
イメージ 5
機材:Canon55-250mmIS(ZOOM250mm)/F5.6開放+SEO-SP2E
    GPガイドパック/ノータッチガイド
条件:ISO800 5分露出×2 SI6処理(ダーク減算あり、フラット補正無し)、PSE9処理

M31、M45共に次回以降にきちんとオートガイド+冷却カメラで撮影したいです。

最後は、M42オリオン大星雲です。これは、250mmで1分露出を3コマです。明るい星雲なので良く写りますね。
イメージ 6
機材:Canon55-250mmIS(ZOOM250mm)/F5.6開放+SEO-SP2E
    GPガイドパック/ノータッチガイド
条件:ISO800 1分露出×3 SI6処理(ダーク減算あり、フラット補正無し)、PSE9処理

合間に、昇ってくるオリオンと秋の富士山星景も撮影しました。
イメージ 7
木星が明る過ぎて収差で歪んじゃいました。
イメージ 8
翌日、初冠雪のニュースがありました。うっすら雪が載ってるかな?登山する人たちの明かりが星座のような・・・
蛍のような・・・秋のマイナーな星たちなのですが、個人的には寂しさが好きになっちゃいました。
 
とりぷるあいさんは、この後、もう一泊撮影されております!!(さすが!!)
私は、次の日、落語の独演会のお誘いを受けていて残念ながらこの日のみで遠征は終了となりました。

さて、オートガイド撮影の本格復帰はいつの日になることやら・・・

16日未明の木星面のイオ通過

※すみません!掟破りのコメントお返事前の記事追加です!!
 必ずお返事しますのでご容赦くださいm(_ _)m
 
さて星空年間2011(アストロアーツ)の付属ソフトAstroGuide2011にて、木星をシミュレーションすると
9/16は木星面をイオが通過するようです。GRSを追いかけっこするように動くので、ぜひトライしたくなりました。
で、
木星面のイオ通過
です。今回は、9/16 1:17(JST)から2:31(JST)までをGIFアニメにして見ました。
イメージ 1
ちょうど衛星イオの影がGRSにかかるところからGRSの正中付近まで撮影できました。
 
この後、雲が増えてきたので撤収しましたが、ご近所のシュミットさんブログを見るとこの後の
様子が見ることが出来ます。あわせると完全にイオの通過が見れそうでした~
 
11枚の画像のうち、9枚目が一番シーイングが良い感じでした。↓
イメージ 2
光学系:ED80Sf+LV4+IXY-DV2(光学9倍ズーム)
架台 :GPD+AGS-1s+恒星時駆動
条件 :2011/9/16 2:13:53(JST) RegiStax4にて4536フレームを処理、1829フレームスタック
     &明瞭化、PSE9にて明るさ、彩度処理、切り抜き
 
このあとシーイングが悪化したのと、木星の明るさに取り込まれてイオ本体の姿が上手く確認できなくなりました。ここまでは、GRSをはさんでイオの影とイオ本体が確認できました。
 
追いかけっこの様子は、見ていて面白かったですよ~
 

十五夜の月と十四夜の木星と月と木星の月

今年の中秋の名月は見事でした
イメージ 1
ED80Sf+EOS kX2(SEO SP2E)  ISO200 SS1/1000 RAW出力
 
子供達は月見団子を作ってお月見をしていました。
思えば天気に恵まれた十五夜は、珍しかったかも知れません。
 
さて、十五夜の日は帰宅も遅かったのでお月見だけで星見は終えましたが、前日の十四夜は
木星を撮影しました。
イメージ 2
光学系:ED80Sf+LV4+IXY-DV2(光学9倍ズーム)
架台 :GPD+AGS-1s+恒星時駆動
条件 :2011/9/12 0:22:53(JST) RegiStax4にて5117フレームを868フレームスタック
     &明瞭化、PSE9にて明るさ、彩度処理、切り抜き
 
前回よりもシーイングは良かったです。衛星はガニメデです。木星本体にも影がはっきり落ちています。
ビデオカメラのモニタでもガニメデの影や暗斑、うっすらとGRS確認できました。
映像は安定していたと思います。
 
ガリレオ衛星をスチールで撮影しました。
イメージ 3
珍しい配置をしています。はめ込み合成をして、眼視のイメージに近づけて見ます。
イメージ 4
アイピースで見るとこんなイメージでした。
ちなみに十四夜の月も撮影しました。木星のスチール含め、ライブビューの無いEOS kDXで撮影したので
少々ピントが甘いです。
イメージ 5
ライブビューはやはり偉大です・・・
 
速く星雲・星団を撮影したいなぁ~

1からはじめよう~9/7の木星~

実に1月以上ぶりの天文ネタです(笑)
自然は思いの通りには行かないし、人生もまた然り。
望むようには事は進まないのですが、この数ヶ月は厳しかったぁ~!
 
上手く星が見れない日々が続くと日々のモチベーションも下がって行きます。
こんな日々が漫然と続くともは何をしたかったのかも分からなくなってますますやる気が
無くなるという悪循環。
 
すっかり根性も無くなってしまいました。
 
こんな時は無理に奮起するというのも一つの手なのですが、今回は新月期も過ぎてしまって
そんな雰囲気でもありません。
 
ならは原点に帰りじっくりやるのも一つの手。
というこで、木星からリスタートしようと思います。
イメージ 1
光学系:ED80Sf+LV4+IXY-DV2(光学8倍ズーム)
架台 :GPD+AGS-1s+恒星時駆動
条件 :2011/9/7 1:16:29(JST) RegiStax4にて4536フレームを511フレームスタック&明瞭化、PSE9にて明るさ、
     彩度処理、切り抜き
家庭用ビデオなのでGRSが淡白になっちゃうのが残念!
 
GRSの正中を少し過ぎてしまいました。シーイングは比較的良かったように思います。
ガリレオ衛星もチャンレンジ!イマイチです。ちゃんとスチールで撮ればよかった。
イメージ 2
小一時間ほどでしたが、星見は楽しさを実感できました。
木星は小口径でも縞模様やGRSが見えて楽しいですね~
 
さて、星野撮影に向けてリハビリや対象の物色、機材調整など少しずつ準備を進めて行こうかな。
 
ギャラリー
  • 一等星の恋
  • ASI294PROによるM16 M17 NGC7293らせん状星雲@調布
  • ASI294PROによるM16 M17 NGC7293らせん状星雲@調布
  • ASI294PROによるM16 M17 NGC7293らせん状星雲@調布
  • ASI294PROによるM20パンジー星雲@調布
  • ASI294PROによるM8干潟星雲@調布
  • ASI294PROによるM8干潟星雲@調布
  • ASI294PROによるM8干潟星雲@調布
  • ASI294PRO導入!自宅で撮影コロナ渦対応!