2010年11月

GP2ガイドパックGP2!?

またまた、先行して記事を掲載させてください
少し前に記事に書きましたが、サブの赤道儀を導入しました。
というのも、冷却カメラになると長時間露出のノイズから開放されるので、
画像が飽和するまで、露出を稼ぎたくなりますし、総露出時間も長ければ長いほど
画像が良好になるので、一天体に費やす撮影時間がどんどん長くなります。
 
私も冷却化するまで感覚が分りませんでしたが、今は一天体80分以上、出来れば
240分とか露出したくなります。
 
でもそうなると、準備が終わり撮影開始をすると、ず~~~と、待っていることになります。
貧乏性の私は、それが待てないのですね・・・
 
で、サブ機が欲しくなりました。サブ機もGO TO赤道儀にするか、などいろいろ考えましたが、
ゲリラ遠征が多い私の撮影スタイルではフットワーク軽く撮影できるものがよいかと思い、
GP2ガイドパックにしました。ちょうど、CATさんで中古の良い出物があったので、ポチッた、
というところもあります。               で、↓です。
イメージ 1
ポタ赤なので軽いです。でも、これだけだと自作したポタ赤とカブルところが多く、ちょっと物足りない・・・
そもそも、サブ機が欲しいという欲求が満足しません。
 
実は、事前にイメージがありました。
以前、だいさんとご一緒した時、だいさんのシステムは軽量で且つ、とても魅力的でした。
なので、今回は、だいさんのシステムを真似させていただきました~(だいさん、勝手に
お名前を出して、且つ、パクってすみません~)
具体的には、GP2ガイドパックをGP2にしちゃうのです??コレ↓です。
イメージ 2
もうお分かりの通り、赤緯体を購入して換装しちゃいます。写真はおまけでモーター取り付け
位置に自由雲台をつけていますが、それはお遊びということで。
でも、簡単にカメラもつけられるのでこれもありかと・・・。
 
実際に、BORG60EDを載せてみました。        ↓です。
イメージ 3
ノータッチガイドですから、ピリオ・ディックモーションもありますし、導入も手動ですが
とりあえず運用してみようと思ってます。
ファインダーが無いのが難点かな・・・
 

24日の木星

みなさまのへのお返事ご訪問も遅れたままの記事掲載すみません!
24日の木星画像です。
イメージ 1
光学系:ED80Sf+LV-4+CANON IXY-DV2(光学8倍ZOOM)
架台 :GPD+AGS-1s ノータッチ
条件 :4464フレームをRegiStax4にて処理1086フレーム スタック&明瞭化
     PSEで切抜、明るさ調整、彩度調整
時刻 :11/24 20:55:39(JST)
 
処理は強めにしているので、少々荒れ気味でうす。
ヨネヤンさんにアドバイスを受けたので、暗柱の拡大の様子が辛うじて確認できます。
今後の変化も捉えたいと思います。

今頃ですが・・・18日の木星です

11月18日の木星です
掲載が遅くなりました。
変化が知りたいので定点で観測したいと思っています。
イメージ 1
光学系:ED80Sf+LV-4+CANON IXY-DV2(光学9倍ZOOM)
架台 :GPD+AGS-1s ノータッチ
条件 :4742フレームをRegiStax4にて処理1653フレーム スタック&明瞭化
     PSEで切抜、明るさ調整、彩度調整
時刻 :11/18 21:08:21(JST)
 
小刻みに震える厳しいシーイングでなかなか解像度が上がりません。
SEBの変化も知りたいのですが、不明瞭ですね。
 
また、シーイングの良好な時に出会えることを願って、また、撮影しようと思います。

前回の新月期は・・・西へ東へ~

皆様のブログへの訪問も滞っており失礼しております
 
また、このブログの更新も止まったまま…
もう満月期に入ってしまいましたが、前・新月期は風邪をこじらせたり、予定が合わなかったりと十分に遠征が出来ませんでした。

晴の夜が多くて、夜帰宅時には後ろ髪を引かれる思いでしたが自宅でじっとするしかありません。
いろいろ野望もあったのですが、これは雲に阻まれて、止めにメモリーカード内のデータ破損(と、言ってもサブ機のですが)という憂き目にも会いました。トホホホ・・・

で、どういう野望であったか。
11月9日は朝から山梨県の白州に所要で、前泊することになっていました。折りしも新月機の真っただ中ですし宿泊場所も、宿泊代の兼ね合いも合って、野辺山に程近いホテルに宿泊することになっていたので、徹夜とはいきませんが、夜半ぐらいまでは星が撮影できるかと思い、一応、機材を持参しました。
結局、現地に20時ぐらいに到着すると~いや~晴れているではありませんか!
野辺山といってもそれほど遠出は出来ないので、ホテルのすぐ横のグランドで空は開けているものの、少々明りはありますが、育樹広場程度の空の暗さはありそうです。
 
早速、準備を開始します。機材準備OK!という、ところで来ました~雲さんたちが…
当初予定の対象は、まだ高度が足りず、かといってゆっくり待っては入られない状態です。
 
少しでも撮影したいと~~!!ということで、雲の無い場所はハート星雲IC1805近辺しかありません。
すかさず導入して、オートガイドを開始しますが・・・最初の一枚も後半雲にかかりました。
後、5枚を撮影するもどんどん状況は悪化、最後は霧までかかって、The END…
 
ちなみに、今回から新アイテムも投入です。VIXENのGP2ガイドパックです。中古で手に入れました。
しかし、こちらで撮影した非冷却X2の画像は、帰宅後SDカードの内部の画像が壊れて読めません・・・
加えて、IC1805もSI6で処理したら、とても見れる画像になりません…OhNO~~~!!
 
しかしここで、以前、mn3192さんから薦められていた、PSE8(正確には最新版のPSE9)を何気なく
ダメ元で試して見ると、おお~少しは良くなりそう。ということで、一応、掲載しますが、なんせ
10分露出1枚の写真なので・・・こんな↓感じです。
イメージ 1
光学系:BORG60ED+レデューサDG+LPS-P2+自作冷却改造Canon EOS X2(IR除去)
架台 :GPD+AGS-1s+ガイドウォーク(ガイド鏡φ80L400mmNexImage)オートガイド
条件 :ISO1600 SS10分PSE9にて現像、処理(ノイズ除去、レベル彩度調整) ダーク/フラット補正無
mn3192さん、おっしゃるようにノイズ除去は強力です。露出の少ない荒れた画像もすっきり自然になります。ちなみに、試用版です。購入しようと思いました。
 
さて、以上が”西”です。次は、東。
11月13日は、子ども達の学芸会でした。そのため、15日は振り替え休日でお休みです。
なので、家族で千葉県房総半島の突端、千倉温泉に1泊で遊びに行って着ました。
 
もう、月もだいぶ明るいのですが、未練たらしくGP2ガイドパックと非冷却X2だけは、持参しました。
ここでも、撮影開始して6分露出後、雲が・・・なんだかこの新月期はこのパターンばかりです・・・
イメージ 2
光学系:EFS55-250mm(100mm)+Canon EOS X2(SEO-SP2E)
架台 :GP2ガイドパック ノータッチガイド
条件 :ISO800 SS3分×2 PSE9にて現像、処理(ノイズ除去、レベル彩度調整、中央トリミング)
     ダーク/フラット補正無
 
光害も強いし、フィルターも使っていないので、メロメロです。しかし、ガイドパックのノータッチは
使えそうな感じです。実はこれにADD-ONするアイテムもありますが、それは次回以降にご紹介ということで。
 
次の日、雨の予想が外れて海岸は晴れ間がありました。家族で海岸でピクニックが出来ました。
南房総は暖かくて、風邪も少し良くなった気がします。
海岸では天使の梯子が見えました~
イメージ 3
本日は、木星も撮影できました。これはまた、後日掲載します。

11月1日、自宅よりハートレー彗星

やっと捉える事ができました~ハートレー彗星!
と、書き出しも”彗星色”にしてみました。(ちょっと違うか・・・)
 
さてさて、皆様へのご訪問も遅れ気味で申し訳ありません。
もっと星見もしたいのですが、いろいろと都合がつかないことも多くて難儀しています。
 
11/1、この日も遠征も考えていたのですが、結局、自宅からの撮影となりました。
 
ちょうど最大光度ごろである103P/ハートレイ彗星ですが、現在はふたご座のつま先の先ぐらいに
います。
我が家ベランダからは、上階の庇があるのでギリギリ見える高度ですが、GPDを限界まで柵に近づければ
何とか撮影可能なようです。
早速、準備し午前3時前から撮影を開始しました。まずは、彗星基準で
イメージ 1
光学系:BORG60ED+レデューサDG+LPS-P2+自作冷却改造Canon EOS X2(IR除去)
架台 :GPD+AGS-1s+ガイドウォーク(ガイド鏡φ80L400mmNexImage)オートガイド
条件 :ISO1600 SS3分×10 総露出30分 SI6処理(ダーク有、フラット補正有) PSEにて圧縮、トリミング
2010/11/02 2:48(JST)
同じ、コマを恒星基準でコンポジットすると、
イメージ 2
30分という短時間ですが、光跡がはっきり分るほど移動していますね。
長い尾は見えませんが、周期彗星を捉えることが出来たのは初めてなので、”こういうもの”、という
実感が湧きました。
ルーリン彗星と同じく、神秘的なエメラルドグリーンをしていますね。
 
さて、赤道儀を折角準備したので、近くのバラ星雲を撮影しました。
光害真っ只中の場所なのでカブリが酷くてどうにもならない画像ですが、記録までに掲載します。
イメージ 3
光学系:BORG60ED+レデューサDG+LPS-P2+自作冷却改造Canon EOS X2(IR除去)
架台 :GPD+AGS-1s+ガイドウォーク(ガイド鏡φ80L400mmNexImage)オートガイド
条件 :ISO1600 SS3分×10 総露出30分 SI6処理(ダーク有、フラット補正有) PSEにて圧縮、トリミング
 
う~ん、遠征したいな~
ギャラリー
  • 育樹遠征記録
  • 育樹遠征記録
  • 久しぶりの育樹記念広場遠征
  • 久しぶりの育樹記念広場遠征
  • 久しぶりの育樹記念広場遠征
  • ベテルギウスの減光
  • ベテルギウスの減光
  • 光害地のベランダ撮影
  • 光害地のベランダ撮影