2009年12月

大晦日

みなさま今年もお世話になりました。


今年一年間たくさんの励ましのコメント、ありがとうございました。
来る新年が皆さまにとって、良い年でありますように!

イメージ 1

<西に沈む本日の木星です>

イメージ 2

<29日の富士山>☆初夢用です!

大山に行ってきました

鳥取県大山に行ってきました。
と、いっても、先週の月曜日のお話。
イメージ 1

飛行機で移動中に、上空から夜景を撮りました。
関東上空なので、京浜地区の夜景です。

大山は、米子市から岡山に向かう途中の山中にあります。
”ダイセン”と読みます。近くにスキーもある山陰地方でも雪の多い地方です。

仕事がつまっているので、日中は全く時間が取れません。昼食はスキーのロッジしか無いので
わざわざ車でゲレンデまで向かいとりました。平日なのでお客さんもほとんどいない中、
新雪が積もってキレイです。スキーもしばらくしてないなぁ・・・

昼食後、雪山を記念に撮影↓。時間が無いので急いで仕事に戻ります。
イメージ 2


時系列はさかのぼりますが、到着した日の夜、大山付近で撮影しました。
イメージ 3

冬型の気圧配置なので、雲が流れ、撮影は今ひとつ、うまく行きませんでしたが雲間にみえる
星々は、かなりコンディションが良さそうです。
晴れていれば至高の星空だったかも・・・

モンキー星雲/プレセペ/トリオ~光害地での星団・星雲その3

え~・・・無謀なことを続けております・・・
20日の天体撮影、その3です。

さて、孫悟空のようなその横顔からモンキー星雲と呼ばれる、ふたご座寄りのオリオン座の散光星雲、
NGC2174です。カブリを消すのがだいぶ無理があり、バックグランドがムラムラです・・・
イメージ 1

BORG60ED+#7885+EOS kX2(SEO-SP2E)+LPS-P2フィルタ/GPD恒星時駆動
ISO400/SS5分×4コンポジット
何とか悟空の不敵な笑顔が見えるでしょうか・・・

次は、かに座の散開星団M44プレセペです。時間もだいぶ遅いので春の天体が天高くなってきました。
イメージ 2

同じ光学系/架台でISO400/SS2分×2コンポジット

最後は、しし座のトリオ銀河、M65/M66/NGC3628です。
イメージ 3

赤道儀の東西反転したら、何故かRA方向が不安定なため、ISO800/SS5分×5枚コンポジットしました。
本当は長焦点で撮影したいところです。

この後、同架していたED80Sfで、惑星を撮影しましたが、シーイングが悪くてメタメタです・・・
カメラも切り替えたので、バランスも崩れてしまって安定性もイマイチでした・・・

星団・星雲の画像はSI6とフォトショップELEMENTSで処理しています。トリミングしていないので
全てBORG60EDの画角です。

今日も星がキレイですが、明日、5時おきなので今日はお預けかな~

カルフォルニア星雲とM35~光害地での星団・星雲その2

今月20日の自宅駐車場での撮影の続きです。
カルフォルニア星雲を狙って見ました↓
イメージ 1

BORG60ED+レデューサ#7885+EOS kX2(SEO-SP2)/GPD恒星時駆動
ISO400、SS10分×4枚コンポジット

無理を覚悟で撮影したのですが、1枚目撮影後、EOSのモニターで確認することができました。
しかし、画像処理をするとカブリが・・・どんなに補正しても星雲と同じくらいの輝度が残り、
あきらめかけましたが、いろいろ処理をして【くどいですが手書きはしてません!】
なんとか星雲(のようなもの?)が見えるようになりました。

本来は、十分暗い空で綺麗に撮影して見たいです。

次は、M35です↓。
イメージ 2

BORG60ED+レデューサ#7885+EOS kX2(SEO-SP2)/GPD恒星時駆動
ISO400、SS2分×4枚コンポジット
散開星団M35は、さらに遠くにある散開星団NGC2158を同一視野に見える
ユニークな散開星団です。
BORGでは分解能が足りず、NGC2158が星雲状に写っています。
画像処理は、何れもSI6です。カルフォルニア星雲は最後に、カブリが見えなくなるまで
フォトショップでトーンカーブを補正しました。

実は、まだ続きます・・・
近日、掲載予定・・・

M45とM1~光害地の星団・星雲

ブログの更新やお返事、皆さまへの訪問が滞っています・・・すいません・・・

12月はやはり師走と言うだけあって、忙しいです。今週も米子や甲府へ出張で、東京の
オフィスに一度も出社していません。気が付けば明日は、金曜日・・・
さて、その米子に出張する前日、12月20日はまだまだ新月期。しかも、快晴の星空です。

東京でも良く星が見えています。明日から出張で、且つ、少々風邪気味なところもあって
遠征はやめて、自宅マンション駐車場でいろいろ星団・星雲、惑星を撮影してみることにしました。

まず、撮影環境はというと・・・
イメージ 1

という感じで、ナイターのスタジアムみたいな環境です。マンションの廊下側なので仕方がありません・・・
かぶりも強いので、強く画像処理をしています(手書きはしてないですよ~)
まず、M45~プレアデス星団↓。
イメージ 2

BORG60ED+レデューサ#7885+LPS-P2フィルタ+EOS kX2/GPDで恒星時駆動
SS60sec×5枚コンポジットです。星間ガスも僅かに写っていたのですが、かぶりを取り除く過程で
消えてしまいました・・・潔く、星だけ写しました。
次は、M1~カニ星雲↓。
イメージ 3

BORG60ED+レデューサ#7885+LPS-P2フィルタ+EOS kX2/GPDで恒星時駆動
SS300sec×3枚コンポジットです。もう一枚撮影したのですが、流れてしまいました。
カニ星雲は惑星状星雲で視直径が小さいので、ミニBORGではこんな感じに写ります。

今回はオートガイドはせず、いろいろ星団・星雲を撮影しました。
まだまだ続きますよ~(画像処理が追いつかないので、処理した順に掲載していきます)

富士山麓へ

2009年も年の瀬です。

日本も冬らしい寒波に見舞われていますが、関東は冬晴れの日が続いています。
17日は所用で甲府市に出かけていました。
用事が済むのに時間がかかり、遅くなってしまったのですが
あまりにも空が澄んでいるので、少しだけ星見をしようと旧ガリバーランド跡地に
出かけました。

気温、-7.5℃・・・さ、さすがに冷えます。
しかし、ちょうどオリオン座が富士山から昇るところなので固定撮影ですかさず撮影。
イメージ 1

ノーマルのEOS kXでISO1600/露出30秒です。キットレンズの18mmなので、ピントも安定しないし
ダークもフラットも補正していないのでしゃっきりしませんが、現地の雰囲気が出ればと思います。

もう一枚、今度はポタ赤に載せて、露出30秒。星基準なので富士山がボケちゃいますが・・・
オリオン座~すばるまで、広い構図で撮影できました。
イメージ 2

現地は、富士山麓でも開けている場所で、東西南北にパノラマが広がっています。
とても気持ちの良い場所です。
ただ、この日は途中から風も強く、寒かった~。

天頂付近も撮影して見ました。カシオペア座付近とアンドロメダ座付近。
イメージ 3

イメージ 4

何れもアンドロメダ銀河や2重星団h-xなどが写っています。
ISO800/カシオペア座付近が露出10分×2コンポジット、アンドロメダ座付近が10分露出のみ。
やっぱりピントが甘いようです。18-55mmISのキットレンズはMF時にとてもピントがズレ易いのです。
やはり1つぐらいキチンとしたレンズが欲しいな~と、思う今日この頃です。

あまり時間が無いのですが、望遠鏡での撮影も試みました。
クリスマスシーズンですので、クリスマスツリー星団を撮影して見ました。
イメージ 5

こちらは、BORG60ED+EOS kX2(IR換装)+LPS-P2フィルター/GPD+SBSオートガイド
ISO800、露出10分1枚。SI6で画像処理。
クリスマスツリー星団はとても綺麗な星団です。この写真は逆立ちしちゃってますが、中央のまばらな
散開星団がクリスマスツリー星団です。周囲の赤い散光星雲は中央下の黒い暗黒体の形からコーン星雲と呼ばれています。Coneですから、ソフトクリームのコーン~円錐形って事ですね。
中央下の白い小さい円錐形は、ハッブルの変光星雲です。
彩りも豊かな星団・星雲の集まりなので、いずれきちんと撮影してみたい天体です。

次の日も平日ですし、短時間で早々に切り上げました。
少し風邪気味だったのですが、悪化させてしまったかも・・・皆さんもくれぐれも、風邪にご用心ください。
相当厚着をしましたが、足りなかったようです。フルフェイスのマスクやカイロも無いとダメかな・・・
とりぷるあいさんお持ちの、指先のでる手袋は良いですね~。細かい指先を使う作業の時、手袋を外すと
一気に体温が奪われる気がします・・・

ふたご座流星群

14日の夜は、ふたご座流星群を見に、藤野まで行ってきました。
例によって、22時出発のゲリラ遠征でしたが、薄雲があって電灯のある藤野の観測場所では
広角ではカブリが強くて写真には良く写りませんでした。
イメージ 1

目視では10個ぐらい観測できました。空の暗いところまで行けば良かったかな~

一枚だけ、画像処理して何とか確認できます。ちなみにこの写真は”目押し”で撮りました。
流星が確認できてからシャッターを押したので、写っているのは尻尾の部分だけだと思います。

タイマーを使わなかったので、空を見上げながら30秒露出で撮影していました。
50枚ぐらい撮影しましたが、写ったのは3枚で、きちんと確認できるものはこの1枚だけでした・・・
真冬に空を見上げてじっとしていたので体が芯まで冷えました。まさに冷凍マグロ状態・・・

流星は難しいね~

お友だちの”とりぷるあいさん”が、すばらしい写真を撮影されております↓。
http://blogs.yahoo.co.jp/miyaza1007/22997899.html
こんなのが撮れたら良いですね~~
ギャラリー
  • 一等星の恋
  • ASI294PROによるM16 M17 NGC7293らせん状星雲@調布
  • ASI294PROによるM16 M17 NGC7293らせん状星雲@調布
  • ASI294PROによるM16 M17 NGC7293らせん状星雲@調布
  • ASI294PROによるM20パンジー星雲@調布
  • ASI294PROによるM8干潟星雲@調布
  • ASI294PROによるM8干潟星雲@調布
  • ASI294PROによるM8干潟星雲@調布
  • ASI294PRO導入!自宅で撮影コロナ渦対応!