2009年11月

晩秋

空にはオリオン座が、南関東にも紅葉が・・・↓
イメージ 1

千駄ヶ谷の国立競技場付近の並木です。今日、家族でスケートに行った時に撮影しました。

さて、次は、先日26日にテスト撮影した、馬頭星雲と、おおいぬ座の散開星団M41です。

オートガイドのテストとしては、DEC方向の制御が大荒れで、成功とは言えませんでした。
極軸もいい加減なので制御としては厳しいので、止もうを得ないところもありますが、
調整次第でもう少し、追い込める気がします。

まずは、馬頭星雲↓。
イメージ 2

BORG60ED+レデューサー(ウフフ)/EOS X2 SEO-SP2E/ISO400 SS300sec×8コンポジット=総露出40分

次はM41↓。
イメージ 3

BORG60ED+レデューサー/EOS X2 SEO-SP2E/ISO400 SS240sec×4コンポジット=総露出16分

馬頭星雲はともかく、M41はピントがずれてしまいました・・・撮影途中にずれた可能性が高いです。
しかもDEC方向に星像が伸びてしまいました。本番では改善しましょう!
ピントズレは、レデューサの導入と共に、フリップミラー+ピントゲージが使用できなくなった弊害で
ピントズレがチェックできなくなってしまいました。やはり何か対策を考えねば・・・

試行錯誤

前回(といっても先月の新月期)、直焦点撮影をガイド鏡親亀小亀型に変更しましたが、
軽量化は実現できたものの、BOEG60EDで撮影する際に、
①ガイド星の導入時に構図が変る 
②ED80Sfはガイド鏡として少々、Fが暗く、且つ、焦点距離がちょっと長い
という問題がありました。また、先日、セキュリティーソフトをPCに導入したところ、
ガイドウォークの調子がおかしくなってしまいました。
症状は、オートガイド時に短くハングしている感じで、オートガイドがメチャメチャになります。
ちなみに、セキュリティーソフトは、マイクロソフトの無料のもので、Security Essentialsです。

本来、ネットに繋ぐのが目的のPCではないので、これは潔くアンインストールしました。
結果、ガイドウォーク復活。

また、①②の問題も、マルチプレート形に変更しました。ただし、ロングシャフトの使用と
ED80Sfを写真鏡とする際は、60EDをガイド鏡として、
また、60EDを写真鏡とする際は、ニュープラネッツ80Sをガイド鏡にできるように
微動雲台に、アリ溝を取り付けることにしました。
これで、ED80Sfの撮影時もガイド鏡の差分は軽量化できます。

結果↓のように、60ED+ニュープラネッツ80Sの場合は、1.9kgのウェイト1つでバランスするように
なりました。今、ブログを書きながらテスト中です。
イメージ 1

イメージ 2

さて、結果はどうなりますか。
お金は無いし、月の明るい時期なのでいろいろ試して見ようと思っています。

11月の新月期~勾玉星雲とオリオン座~

星野写真を始めると、どうしても新月期が待ち遠しくなります。
この11月の新月期も、撮影してみたい天体や、試して見たい方法/機材、たくさんあったのですが、
天候に翻弄され満足のいくものは撮影できませんでした。

1枚目は、藤野で撮影した勾玉星雲です↓。
イメージ 1

EOS X2(SEO-SP2E)+55-250mmIS(55mm)/ 自作ポタ赤にて恒星時駆動 ISO800 総露出55分/中央トリミング

予定では、BORG60EDで撮影する予定でしたが、撮影当日、後半雲が広がる予想でした。

遠征するか迷いましたが、先に遠征していた星見友達さんから”だんだん雲が広がっている”との
情報(ありがとうございました!)で、はじめ調布市内の公園での”光害地シリーズ”を撮影しようと
思いました。

公園に着くといつもと様子が違います。多数の自転車やミニバイクがあり、どうやら若い人達の集会を
やっているようです。シャイなおじさんには、星見どころではなさそうなので、だめもとで藤野に
プチ遠征しました。

その間にも星友達さんから、雲の状況を細かく連絡いただいて撮影時間が、1時間ぐらいしか無いことを
悟りました。(重ねてありがとうございます!)オートガイドの準備をしている余裕はまったくなさそうなの、急遽、ポタ赤+カメラレンズ
での撮影に切り替えました。

さっと準備して撮影開始。目標60分の露出の予定が最後の5分は、雲で覆われてNGでした。

もう一日は、やはり星友達さんお勧めの富士山の見えるポイントに行きました。(最近、お世話になりっぱなしです…)
しかし、星空指数100%かかわらず、ほとんど晴れ間が出ません。諦めて帰り際に、オリオン座付近が見えたので固定撮影で撮りました↓。
イメージ 2

EOS KISS X 18-55mmUS(18mm) SS60sec

今思うとX2で撮影すればよかったと思いましたが、機材をしまいこんだところで、だめもとだったので
KISS Xでの撮影になりました。ピントがアマアマです…

次の新月期に向けて、練習と機材の準備の日々になりそうです。

しし座流星群はダメでした

11月18日は、夜明け前に夜空を確認しましたが曇天でした。

銀塩カメラ/PENTAX SPのファーストライトとなる予定で、前日からレンズヒーターなど準備をしていましたがNGでした。次の機会に持越しです。

さて、この日は甲府に所用があるので朝から現地に向かいます。
東京は相変わらずの曇天でしたが、徐々に雲が切れ、初狩PAでちょうど富士山が見え始めました。
すかさず撮影しました↓。
イメージ 1
いつも立ち寄ると、ヤマアイから富士山が見えるポイントでしたが当日は、雲の切れ間から突然に現れたのでコンパクトカメラの方や、一眼レフのマニアっぽい方まで富士山を撮影していました。
☆☆☆
さて、所用が終わり日もとっぷり暮れています。
せっかくここまで来ているので、以前から、とりぷるあいさん、ご紹介の旧ガリバー王国駐車場を訪れてみることにしました。
現地は、所用先から国道で比較的近い位置にあります。平坦で開けている場所でもあるので安全に向かう事ができました。

現地につくと、先着さんの車が一台止まっています。こちらも準備を始めるとチラチラと赤い手元明りが見えるので星見の方かな~、と思いました。思えば、ヘッドライトを点灯させながら入場してしまったので、ご迷惑をかけてしまったなぁ~、と、思いつつ準備を進めます。

セットアップが終わると・・・空が一面、雲で覆われています。
宇宙人の煙幕攻撃かしらん・・・↓がその時の富士山です。
イメージ 2
しばらく待ちますが一向に晴れる気配がありません。結局、撤退することにしました。
帰り際、先着さんとお話をすることができました!な、なんとこのブログに遊びに来ていただいている
だいさん、でした~!(だいさん、その節は失礼しました~)

とりぷあいさんや、電球さんさん、そして、だいさん、とだんだん交流の輪が広がって楽しいですね~

皆さん、これからもよろしくお願いします。

満天の星空の下で、お会いできたらステキですね!

P.S.結局、しし座流星群は観測できませんでした~

UFOか?

14日は、昼間の雨が嘘のように夜はキレイに晴れました。
雨が埃を掃ってくれたせいか、透明度もとても高い空でした。

とは、言っても遠征には『時既に遅し』だったので、ベランダで機材のテストをしました。
収差が見たかっただけなので、極軸合わせも不十分で露出も15~30secと短時間の撮影です。
撮影自身はうまく行ったのですが、撮影した画像に複数の『光線』が写っています↓。
イメージ 1
人工衛星だとは思うのですが、エリアは決して広くありません。
鏡筒はBORG60ED+レデューサで焦点距離300mm弱、カメラはEOS X2なので画角は東西方向に4.3°
です。くわえて露出も15sec。そこに、4個も写るものでしょうか?
133秒後に、30sec露出した画像を比較明合成したのが↓です。
イメージ 2
白の矢印先から赤の矢印先に移動しています。
4つとも等速直線運動をしているようです。

そのあと鏡筒をED80Sfに変えたらもう写っていませんでした。

人工衛星ですよね?まさか、光学系のゴーストやノイズでしょうか!?
未確認飛行物体、UFO???でした。

今夜のお天気は・・・

イメージ 1

新月期だと言うのに雨続きでしたが、今晩は良く晴れていますね。

冬の星座や火星がとてもキレイです。

写真は、雨上がりの夕焼けです。

本日は間に合いませんでしたが、このまま晴天が続けば、何とか遠征に行きたいと思っています・・・

昨晩の木星と天王星

シーズン終盤の木星です。

特に我が家のベランダは、マンションの西側棟がややクランクして張り出しているので、
西側の空はあまり開けていません。早い時間なら可能性があるので昨晩、ギリギリのところで
木星の撮影をしました。

これで今シーズンの木星は撮り納めかも知れません。
海王星も試みましたが、肉眼では確認できるものの、カメラには写りませんでした。
天王星は辛うじて写りましたが、そのままでは暗すぎてRegiStaxで処理できなかったので、
ビデオソフトでゲインをあげてから処理をしました。
そのため、色が飛んでしまったようです。

何れも高度が低かったり、透明度が悪かったりで画像としては良くないですが、
撮り納めということで、掲載します。

↓ガリレオ衛星
イメージ 1
↓木星本体。衛星はイオです。
イメージ 2
↓天王星
イメージ 3

撮影後、機材のメンテナンスもしました。私の機材は、光学系はビニールの保存バックや
厚手のビニールに乾燥剤(シリカゲル)を入れて保管しているのですが、ほとんど吸湿性
を失っていました。新品に交換です。

メインのED80Sfの対物レンズがだいぶ汚れてきたので、清掃したのですがこれは自分で
行うと、光軸の修正ができないのであきらめています。

来年の(今年じゃありません・・・)冬の(夏でもありません)ボーナスまでお預けかな。
ギャラリー
  • 一等星の恋
  • ASI294PROによるM16 M17 NGC7293らせん状星雲@調布
  • ASI294PROによるM16 M17 NGC7293らせん状星雲@調布
  • ASI294PROによるM16 M17 NGC7293らせん状星雲@調布
  • ASI294PROによるM20パンジー星雲@調布
  • ASI294PROによるM8干潟星雲@調布
  • ASI294PROによるM8干潟星雲@調布
  • ASI294PROによるM8干潟星雲@調布
  • ASI294PRO導入!自宅で撮影コロナ渦対応!